発がん物質を抑制する成分が含まれているカリフラワー

発がん物質を抑制する成分が含まれているカリフラワー

カリフラワーはアブラナ科の野菜でキャベツと同じ仲間なのです。

 

ブロッコリーが突然変異して白くなったもので、原産地は地中海沿岸です。ブロッコリーよりも早く普及されたのですが、最近はブロッコリーのほうが人気のようです。

 

でも発がん物質を抑制する成分が含まれていることがわかり、今注目されています。発がん物質を抑える働きのイソチオシアネートという物質と、豊富なビタミンCのダブル効果で、抗酸化作用を高める花野菜です。

 

ゆでたカリフラワーを100グラム食べると、ビタミンCの一日の必要量の50%を満たすことが出来ます。

 

ビタミンCはコラーゲンの生成を助けて、メラニン色素のできるのを阻害する効果があり、美肌に効果的なのはもちろんですが、身体の免疫力を高めるので白血球の働きにも役立ち、ウイルスに対する抵抗力がつきます。また、ビタミンCには抗ストレス作用もあるので、精神的は疲労を和らげる働きがあります。

 

そして細胞の酸化を防ぐ抗酸化物質もあるので、がん細胞の増殖も抑える働きがあります。

 

食物繊維の含まれる量も多くて、キャベツや白菜を上回っているので、整腸作用があり便秘の改善にも有効です。

 

冬から春にかけてが旬です。小さくてズッシリと重たく感じるものが水分が多くてお勧めです。つぼみが開花していないもので、新鮮な葉がついているものを選びましょう。全体が白く丸いものが良質で葉っぱが捨てられているものは古いものが多いので注意してください。少し変色しているものも古いです。
アクがあるのでゆでてから料理します。ゆでるときは小麦粉を少し入れてお湯を沸かすと沸点があがり、時間が短縮できるのでビタミンCの損失を抑えることができ、ほのかな甘みも残り、アクもよく抜けます。また、湯がくときにレモンの切れ端か酢を入れると白さが増します。ゆでた後は水につけず、そのままザルに広げてさました方が水っぽくなりません。

 

クセが無いので、シチューやポタージュ、サラダなどの料理に使えます。