ニキビを予防するのに必要な栄養素はビタミンとコラーゲン

ニキビを予防するのに必要な栄養素はビタミンとコラーゲン

思春期あたりから、大人になっても肌を悩ませる「ニキビ」に困っていませんか?
小さいものから、白いポツポツが中に出来てしまう大きいものまであり、
しかも乾燥肌の人からオイリー肌の人まで、様々な肌質でもできてしまいますよね。
出来てしまったときには、治るまである程度時間もかかってしまいますし、
メイクで隠したら、なおのこと悪化しそうで嫌ですよね。

 

しかしニキビが出来ないように予防すれば、肌の調子も良くなって一石二鳥なのです。
そんな「ニキビ」を予防する食生活をご紹介したいと思います。

 

ニキビとは、毛穴の中に角栓がつまってしまい、
その中に皮脂がどんどんたまることで、出来てしまう炎症です。
ニキビの原因は様々ありますが、主にホルモン、不規則な食生活、睡眠不足、細菌、などです。
体が疲れて栄養不足になれば、どんなに外側からスキンケアをしても、
肌に送られる栄養素も減ってしまいます。
ですから、体の中から体質改善しなくてはいけないのです。

 

では「ニキビ」を予防する食品はどんなものがあるのでしょうか。
予防するのに必要な栄養素は、ずばり「ビタミン類」と「コラーゲン」です。
その栄養素をふまえて、

 

まず1つ目は「トマト」です。
トマトにはコラーゲンの生成に役立つビタミンCや、
抗酸化物質のリコピンという成分が含まれていて、栄養満点です。

 

2つ目は「納豆」です。
納豆には肌の状態を正常に保つ役割のあるビタミンB2という物質が含まれています。
それに加えて納豆は大豆ですから、大豆イソフラボンが含まれています。
大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た栄養素ですので、
肌をやわらかく保ってくれる効果があります。

 

そして3つ目は「手羽先」です。
手羽先や鳥皮などに含まれている、プルプルしたコラーゲンが
肌の弾力を保ち、新しい皮膚再生をしてくれる役割のある大事な物質です。
大量に食べてしまうとカロリーが気になってしまいますが、定期的に摂取することが大切です。

 

これらの食材や栄養素を意識して、
体の中からニキビを予防して、健康な肌を手に入れましょう。