汗をしっかりと抑えたいなら、塗って使うタイプの制汗剤

汗をしっかりと抑えたいなら、塗って使うタイプの制汗剤

汗腺には、水に近い汗が出るエクリン汗腺と脂質やタンパク質を含む粘り気のある汗が出るアポクリン汗腺の2種類が存在します。

 

 

このうち、わきがの臭いの原因となるのはアポクリン汗腺から出る汗です。汗自体に独特の臭いがあるのではなく、この汗に細菌が繁殖した時にわきが臭が発生します。

 

 

このわきがの原因となるアポクリン汗腺は、すべての人に存在するものではなく、汗腺自体を持たない人も多くます。生まれつきアポクリン汗腺を持たない人は、水のような汗しか出ず、わきがに悩まされることはありません。それに対して、アポクリン汗腺を持つ人は手術を受けない限り汗腺がなくなることはないので、臭い対策が必要となります。

 

臭いが気になる場合に手軽にできる対策の一つが、制汗剤の活用です。汗を抑制することで、臭いが出にくい状態を作ることができます。ただ、制汗剤にも様々な種類があり、選び方も重要なポイントとなります。

 

 

制汗スプレーを使う場合は、無香料のものを選んでおくことがおすすめです。香りで臭いを誤魔化したいと考える人は少なくありませんが、わきが臭と香料が混じることによって、更に不快な臭いとなることもあります。そのため、スプレーを使うのであれば、無香料や香りが少ないものを選ぶ方が良いでしょう。

 

 

汗をしっかりと抑えたいと考えるのであれば、塗って使うタイプの制汗剤が有効です。スプレータイプよりも制汗成分の密着度が高く、汗をしっかりと抑えることができます。細菌の繁殖を抑制する成分が入っているタイプであれば、汗をかいても臭いが発生する可能性が低くなります。そのため、制汗スプレーでは効果が弱いと感じたら、塗るタイプを試してみると良いでしょう。

 

制汗剤を使っていても、汗が出てくることは少なくありません。その場合は、手早く拭き取るなど、長時間汗が皮膚や衣類に付着しない状態を作っておくことがおすすめです。わきが自体を治すことは簡単ではありませんが、対策をしっかりと行えば、わきがの悩みを軽減していくことができます。